デビュー・就職直結
3つのサポート

多彩なゲスト続々来校!

本校では通常の授業に加え、各業界の著名人をゲスト講師にお招きして特別授業を定期的に行っています。様々なゲスト講師からお話を聞いたり、技術の指導をして貰うことで在学中からプロの世界を肌で感じることができ、モチベーションアップにつながります。

 

特別授業内容紹介

柿原徹也さん
声優

柿原徹也さん

【授業内容】トークショー/質疑応答/アフレコ指導

「フェアリーテイル」ナツ・ドラグニル役/「天元突破グレンラガン」シモン役/「弱虫ペダル」東堂尽八役「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ガルマ・ザビ役/「FINAL FANTASY XV」プロンプト・アージェンタム役

ゲスト講師からのコメントを見る
人の想像を超越した『サプライズ』。それが、エンターテインメント!
アニメのキャラクターの声って、いろいろな空想を読者側でしていたと思うんです。可愛い声なのか、イケメン声なのか、低音の渋い声なのか…そんな期待やドキドキを凌駕したり、その読者の方の頭の中にある声を壊して、もっと凄いことを見せるのが、僕たちの仕事だと思っています。エンターテインメントっていうものは、想像を遙かに超えたサプライズを与えないといけない。どうせやるからには、人が簡単に想像できないことを目指して欲しい。
特別授業の様子を見る
堀内賢雄さん
声優

堀内賢雄さん

【授業内容】朗読鑑賞

「ジョーカー・ゲーム」結城中佐役/「鬼平犯科帳」長谷川平蔵役/「フルハウス」ジェシー役/「機動戦士ガンダムZZ」マシュマー・セロ役/「織田シナモン信長」織田シナモン信長役/「マイノリティ・リポート」トム・クルーズ吹き替え

ゲスト講師からのコメントを見る
負けないでトライし続けること。その『想い』も必ず相手に伝わりますよ。
これからこの業界に入ってくる人に伝えたいこと。礼儀作法はもちろん大切だけれども、あまり気を配りすぎて小さくなるより、『想い』を伝えることを極めて欲しい。極める為に、日常の自然な会話に注意を傾けて欲しい。その延長線上に我々の行っていること、目指さなければならないものがあるのですから。役者が伝えるのは『想い』であって、技術ではないのだから。この仕事は『想い』が勝負。一生懸命、どう伝えるかが大切。そして何より大切なことは、負けないで生涯トライし続けること。
特別授業の様子を見る
立花慎之介さん
声優

立花慎之介さん

【授業内容】トークショー/質疑応答

「神様はじめました」巴衛役/「number24」由布郁斗役/「ハイキュー!!」夜久衛輔役/「D.Gray-man HALLOW」ハワード・リンク役/「アイドリッシュセブン」千役

ゲスト講師からのコメントを見る
日常の自分の感情への『気づき』を積み重ねていくことが大事。
たとえば『おはよう』っていう言葉は、小説の場合、「○○は、明るい笑顔で□□に『おはよう』と言った」、って書いてあるから、どんな『おはよう』なのか分かります。でも、皆さんが仕事をする時に手元に来る台本の台詞には『おはよう』としか書いていない。台本にも指示がない場合、その『おはよう』の裏の意味まで理解しないといけない。いろんな感情があるわけですよね。そんな日常の自分の感情への『気づき』を積み重ねていくと、いざという時の台詞に反映できるんじゃないかと思いますね。
特別授業の様子を見る
寺島拓篤さん
声優

寺島拓篤さん

【授業内容】トークショー/質疑応答

「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」一十木音也役/「アイドルマスター Side M」天ヶ瀬冬馬役/「劇場版 SERVAMP-サーヴァンプ--Alice in the Garden-」城田真昼役/「ブラッククローバー」クラウス・リュネット役

ゲスト講師からのコメントを見る
自分の演じるキャラが『どう生きている』のか。
役を演じる上で意識しているのは、そのキャラクターがどういう生き方をしているか、ということ。それが一番大事だと思います。大事なのは、そのキャラクターの周辺の環境とか、話している相手は誰なのかとか、そのキャラクターがどんな状況に置かれているのかっていう事をしっかり把握した上で、リアリティのあるお芝居をするっていうこと。周りのキャラがどうだとかいうよりも、自分の演じるキャラが『どう生きている』のか。それを意識して演じています。
関 俊彦さん
声優

関 俊彦さん

【授業内容】トークショー/質疑応答

「忍たま乱太郎」土井先生役/「NARUTO ‐ナルト‐」うみのイルカ役/「仮面ライダー電王」モモタロス役/「幻想魔伝最遊記/最遊記REROAD」玄奘三蔵役/「キルラキル」鮮血役/「モブサイコ100」郷田武蔵役

ゲスト講師からのコメントを見る
自分の気持ちを大切に。「好き」なことに夢中になろう。
演技には、その人の内面が表れます。役を理解し、物語に没頭すること。そして何より、普段から自分を磨くことが重要です。自分から動いていかなければ何も身につきません。自分の興味や「好き」という気持ちをいつでも大切にしてください。映画や人、何に対しても「好き」だと思ったら夢中になって。そうやって自分を深めていくことが、演技の幅に繋がります。
特別授業の様子を見る
福山 潤さん
声優

福山 潤さん

【授業内容】トークショー/質疑応答

「PERSONA5 the Animation」雨宮蓮役/「おそ松さん」松野一松役/「七つの大罪」キング役/「キングダム」嬴政役/「あひるの空」蒲地太郎役/「暗殺教室」殺せんせー役

ゲスト講師からのコメントを見る
どんなシーンで鳥肌が立ったのか、その感覚を忘れないことが大切。
声優として一番大切にしている事は、自分が一視聴者、一ユーザーだった頃、どういう想いで見ていたか。面白い作品を見た時にどう感じたのかっていう高揚感。早く続きをみたいだとか、どんなシーンで鳥肌が立ったのか、っていう感覚を忘れないようにっていう事ですね。今は『創る側』にまわってしまったので、その時の想いを忘れてしまうと、『観る側』に伝える時の気持ちがあやふやになってしまう。昔、一ユーザーの時に、作品にワクワクした人間が、今、その時の気持ちを絶やさずに作品を届けると、どんな化学変化が起きるんだろう、そう考えています。
特別授業の様子を見る
花江夏樹さん
声優

花江夏樹さん

【授業内容】トークショー/質疑応答

「東京喰種トーキョーグール」シリーズ 金木研役・佐々木琲世役/「鬼滅の刃」竈門炭治郎役/「ランウェイで笑って」都村育人役/「ハイキュー!! TO THE TOP」星海光来役/「おはスタ」メインMC

ゲスト講師からのコメントを見る
何としてでも声優になるんだというやる気をもってやって欲しい
学校で仲間と練習する場合、『掛け合い』が出来ること、『距離感』を感じることが出来るのがとても大切だと思います。先生や友人からのレスポンスを受けて修正していくというのは、感覚的にとても『現場』に近いと思うので最も大切な点だと思います。また、専門学校に入ったら、友達が沢山できると思うのですが、是非、『なれ合い』ではなく、お互いに意見をし合えるような、『良い関係』を築いて欲しいですね。何のために専門学校に通っているのか、という明確な意識を持って過ごすと充実するんじゃないかと思います。
特別授業の様子を見る
浪川大輔さん
声優

浪川大輔さん

【授業内容】トークショー/質疑応答

「ルパン三世」石川五ェ門役/「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」ロード・エルメロイⅡ世役/「ハイキュー!!」及川徹役/「魔術師オーフェンはぐれ旅」チャイルドマン役/「あひるの空」高橋克己役

ゲスト講師からのコメントを見る
『気持ち』が変わるから、『声』も変化する
先生の前だと、『今日もよろしくお願いします』なのが、家に帰ると『マジホント親父分かってねぇ』とか(笑)。これでもう2キャラある。友達によっても話し方が違うだろうし、それは現場でも同じことで、作品が変われば当然隣で演じる役者の方も違う人になるし、空気感も変わってくる。また世界観も違えば、ストーリーも全く違う。それぞれの作品で、話し方も声も変わってくるのは実は『声』を変えて分けているのではなく、『気持ち』が変わるから、出てくる『声』も変わるということなんだと思います。
特別授業の様子を見る
朴 ろ美さん
声優

朴 璐美さん

【授業内容】トークショー/質疑応答

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」エドワード・エルリック役/「進撃の巨人」ハンジ・ゾエ役/「からくりサーカス」ルシール・ベルヌイユ役/「アドベンチャー・タイム」フィン役/「アリス・イン・ワンダーランド」赤の女王役/ミュージカル「レ・ミゼラブル」マダム・テナルディエ役

ゲスト講師からのコメントを見る
自分に真剣になったら、人生がちゃんとあなたに何かを返してくれる。
演技をする上で1番大切なのは、自分の魂の音で役に挑んでいくその心だと思います。役者という仕事は真剣に相手と向き合わなくてはなりません。じゃないと他人を演じることなんて出来ません。逃げずにちゃんと自分に真剣になったら、人生がちゃんとあなたに何かを返してくれます。だからアツいハートで頑張ってください。そして、いつの日かどこかのスタジオ、ステージで皆さんと一緒に1つの作品を創り上げる仲間になれたら嬉しく思います。
特別授業の様子を見る
井上喜久子さん
声優

井上喜久子さん

【授業内容】トークショー/質疑応答

「はたらく細胞」マクロファージ役/「ああっ女神さまっ」ベルダンディー役/「コードギアス反逆のルルーシュ」セシル役/「マクロスF」グレイス・オコナー役/「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」カルタ・イシュー役

ゲスト講師からのコメントを見る
自分の行きたい方向、成し遂げたい未来をしっかりイメージすること。
自分のやりたいことをめざそうとする時に、壁にぶつかったり、どうしようもないことで身動きがとれなくなることがありますが、私はそんな時、それは神様が与えてくれたチャンスだと思うようにしているんです。あがいていろんな事を経験することが、役者として、表現者としての幅を広げてくれる基になるように思います。つらい経験の中から、たくさん大切なことを学ぶのだと思います。自分の行きたい方向、成し遂げたい未来。これをしっかりイメージして、真っ直ぐに進んでいってください。
特別授業の様子を見る
村カルキさん
イラスト
レーター

村カルキさん

【授業内容】実技指導

「シャバの「普通」は難しい」カバーイラスト・挿絵/「塗り辞典BOYS」メイキング/「PSO2es」キャラクターイラスト

ゲスト講師からのコメントを見る
沢山絵を描いて、自分の「好き」を沢山見つけてください。
お仕事で絵を描かせていただく時は、常にクライアントさんやユーザーさんにどう描いたら喜んでいただけるかを考えています。そのためには、自分の強みや得意な事、好きな事、まずは自分を知る事が重要です。沢山絵を描いて、色んな人に作品を見てもらい、色々な経験も積み、自分の好きを沢山見つけてください。その「好き」が作品に現れ、個性になり、人に伝わり、きっとお仕事に繋がっていくと考えています。
水島精二さん
監督

水島精二さん

【授業内容】特別講演/質疑応答

(株)一二三 所属。「D4DJ」/「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」/「鋼の錬金術師」/「地球防衛企業ダイ・ガード」/「シャーマンキング」/「機動戦士ガンダム00」/「楽園追放」

ゲスト講師からのコメントを見る
アニメの現場に限らず、大切なのはコミュニケーション。
プロは苦手ジャンルがあっても、得意ジャンルがなくてもいけないので大変です。好きなものだけ描けてもダメ。学生時代にしっかり基礎を学んで、バランスのあるスキルを身に付けておいてください。アニメの現場に限らず、大切なのはコミュニケーションです。同好の子とともに語り、学び、スキルを磨いてください。そしてさまざまな経験を、恐れずに楽しんでください。若いころにした経験は、必ず役に立ちますから。
特別授業の様子を見る
深崎暮人さん
イラスト
レーター

深崎暮人さん

【授業内容】特別講演/作画実演/質疑応答

代表作「冴えない彼女の育てかた」©丸戸史明・深崎暮人/KADOKAWA

ゲスト講師からのコメントを見る
視野を広く柔軟な感性を持って。様々な経験は未来に繋がる
何かを作ることを本気で目指しているのであれば視野を広く持つように意識してみると、少し幸せになれるような気がします。最初から物事を色眼鏡で見てしまったり斜めの角度で捉える癖がついてしまうと、足元が見えなくなって大事なことを見落としてしまいます。一見自分には縁が無いことでも将来の糧になります。専門学校はアイデアや出会いの宝庫。今しか経験出来ないことがたくさんあるのでどうか日々の生活を大事にしてください。きっと皆さんの世界が広がると信じてます。
特別授業の様子を見る
カズキヨネさん
イラスト
レーター

カズキヨネさん

【授業内容】実技指導

「緋色の欠片シリーズ」「薄桜鬼‐新選組奇譚」「ノブナガ・ザ・フール」「神々の悪戯」

ゲスト講師からのコメントを見る
絵を描くスキルだけでなくたくさんの人との出会いを大切に。
女性向けのゲーム関係や出版関係で主に仕事をさせていただいています。仕事で絵を描くにはスキルやチャンスなど、色々なことが必要になってきますが、その根本には人脈が含まれています。出会いがあるから新しい世界が広がって次の仕事にも結びつく。ただ絵が描けるだけでは仕事になりません。皆さんも学校の勉強の中でスキルを磨くと同時に、たくさんの人と出会ってください。案外意外なところからきっかけやチャンスが訪れるかもしれませんよ?
特別授業の様子を見る
オープンキャンパス 資料請求