10/27(日) 声優:小林裕介さんゲストトークショー  

Home > > > 10/27(日) 声優:小林裕介さんゲストトークショー

来校ゲスト帖

10/27(日) 声優:小林裕介さんゲストトークショー

2019年11月07日

 

10月27日(日)橙美祭にて、「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」 御子神司 役 、 「炎炎ノ消防隊」 アーサー・ボイル 役 、「賢者の孫」 シン=ウォルフォード 役などで活躍中の声優、小林裕介さんをお招きしてトークショーが開催されました。

 

全てのトークは来校者の胸に残ったことと思いますが、その一部を掲載します。

 


司会:役を演じるにあたって、まず最初にどんな準備をされていますか?

 

小林さん:オーディションの時にいただいた資料だったり、原作を読んで、このキャラクターからはこんな声が出そうだなっていう声質を作るところから始めます。

例えば可愛らしいキャラクターを高めの声で演じる場合、高い声を出すこと自体は難しくないんですが、それで芝居を出来るかっていうと、音域によっては、抑揚をつけにくくなって芝居の幅を狭めてしまうことになるので、自分の無理のない音域の中で声を作るっていうところから始めますね。

 

司会:在校生はこの時期、校内オーディションもあるのですが、緊張してしまう場合の対処法などはありますか?

 

小林さん:失敗しても大丈夫なんだというマインドコントロールをした上で、同じ失敗なら盛大に失敗してやろうっていう気持ちで挑みます。
最初、緊張してしまうのは仕方ないと思いますが、緊張して自分を出せずに後悔するよりも、失敗して「メンタル強くなった気がする!」ってなった方が緊張しなくなると思います。

 

 

そして、トークショーの最後にこれから夢に向かっていく中学生・高校生のみなさんにメッセージをいただきました。

 

小林さん:今って何が声優さんの仕事になるかわからないじゃないですか。
歌、踊りは当たり前だし、動画に出るのも当たり前だし、じゃあ一体何が求められるんだろうっていうのがわからなくなって来るんですよね。
だからこれをやれ、とは言えないんですけど、僕が心がけていることは1番何がやりたいのかをしっかりブレずに持つこと。

あれもこれもやりたいっていう想いも大切ですけど、その中で1番やりたいことはきっちり明確にして欲しいと思います。

 

 

 

最後に、参加者全員と記念撮影をし、この日のゲストトークショーは終了しました。

集合写真はポストカードにして参加者全員にプレゼントします。楽しみにしていてくださいね!

 

 

小林裕介さん、お忙しい中、ありがとうございました。

今後も定期的にゲストDAYを開催しますので、是非来校して体感してください。


【ご来校いただいた方々の来校ゲスト帖はこちら】