決してあきらめないこと。  

Home > > > 決してあきらめないこと。

学校長のコトバ

決してあきらめないこと。

2012年10月11日

今回は女優、仲里依紗さんの台詞から。

仲里依紗さんといえば、『時をかける少女』の声優がデビュー作だったり、(後に実写版でも主役をされてましたが…)、ゼブラーマンにゼブラクィーンで出演されていましたので、ご存じの方も多いと思います。

そんな仲さんの最近の主演作、NHKドラマの『つるかめ助産院〜南の島から〜』
から。

タコ捕りの(あの8本足のタコです)極意を説明するくだりです。

『一番はあきらめないこと。人と接するのと同じ。最初は微妙な距離感を
保って、ゆっくりゆっくり探って…。
一気につかないで、こう、くすぐるように…。
引いたり、緩めたりしながら、ここぞという時にパッとすくい上げる。

上手い下手は関係ない。テクニックも必要ない。
本気ですくい上げたかったら、決してあきらめないこと。』

人とのコミュニケーションも、そして人生そのものも同じような気がします。
いい台詞ですねぇ。

学校長 阿部 彰

アニカレのことを
もっと詳しく知ろう!

オープンキャンパス 資料請求