6/8(土) 声優:柿原徹也さんゲストトークショー  

Home > > > 6/8(土) 声優:柿原徹也さんゲストトークショー

来校ゲスト帖

6/8(土) 声優:柿原徹也さんゲストトークショー

2019年08月01日

 

6月8日(土)のオープンキャンパスにて、「FAIRY TAIL」 ナツ・ドラグニル役、「弱虫ペダル」東堂尽八役、「パズドラ」トラゴン役 など幅広く活躍していらっしゃる声優の柿原徹也さんをお招きしてトークショーが開催されました。

 

また、午前は在校生へ柿原さんによる特別授業が行われました。

 

柿原さんの目の前でアフレコを行い、直接指導をいただいた学生たち。

とても貴重な体験が出来ました。

 


そして午後からは、中学生・高校生に向けたトークショーが開催されました。

全てのトークは来校者の胸に残ったことと思いますが、その一部を掲載します。
柿原さん、いつも勉強になるお話をありがとうございます。

 

Q:ネガティブになった時はどうやって持ち直せば良いでしょうか?

 

柿原さん:マイナス思考は決して悪いことではないと思いますけどね。
ネガティブになってしまうということは、当然それ相応に、石橋を叩いて渡るくらい真面目に健全に色々と考えているからこそだから。
ただ、マイナス思考だけで「やめよう」って思って前に踏み出せないんだったら何の為に悩んだのそれ?って思うね。

悩んだ時間が勿体無いからどうせマイナス思考になるんだったら「やる」を選択して欲しい。
人生はやるかやらないかの選択肢だけだからね。

これからどうしようかなって悩んだ時は、必ず「やる」を選択してみてください。
ずっと「やる、やる、やる」って選んでいくといつの間にか「やる」をやり尽くしてるから色んな人に出会っているし、色んなことを吸収しているし、いつの間にかすごい芝居もうまくなっていると思うよ。

 

 

また、この日はなんと午前の特別授業にて指導いただいた学生たちと生アフレコも披露していただきました!

 

目の前で聴く柿原さんの演技に、心を打たれた方も多かったのではないでしょうか。

共演させて頂いた学生たちも、とても貴重な経験になりました。

 

そしてトークショーの最後にこれから夢に向かっていく中学生・高校生のみなさんにメッセージをいただきました。

 

柿原さん:この学校に入るまでに、皆も声優のスタート地点に立つには充分なクオリティを準備出来るんです。

保護者に反対されている人もいると思うんだけど、反対されるっていう理由はわかるよね?
保護者は本気で頑張っている子を見たら必ず応援したくなる。

適当に「声優になりたいな~」って言っている人を応援は出来ないよね。
だったらそのなりたいっていう気持ちを言葉だけじゃなくて行動に表すことが大切。
怠けている人に対して「僕は、私は先に行くね」ってくらい言えることがプロになれる一つの秘訣だから。

 

 

最後に、参加者全員と記念撮影をし、この日のゲストトークショーは終了しました。

集合写真はポストカードにして参加者全員にプレゼントします。楽しみにしていてくださいね!

柿原徹也さん、お忙しい中、ありがとうございました。

 

今後も定期的にゲストDAYを開催しますので、

是非来校して体感してください。


【ご来校いただいた方々の来校ゲスト帖はこちら】

オープンキャンパス 資料請求