来校ゲスト帖  
Home > アニカレ広場 > 来校ゲスト帖

来校ゲスト帖

株式会社ボンズ 南雅彦さん特別授業

2015年06月26日

アクションシーンの作画が素晴らしいと評判の株式会社ボンズの代表取締役であり
プロデューサーの南雅彦様にお越しいただき在校生向け特別授業を実施しました。

20150623 01

 

株式会社ボンズといえば『COWBOYBEBOP天国の扉』『鋼の錬金術師』『交響詩篇エウレカセブン』
『ストレンヂア 無皇刃譚』『スタードライバー』など名作を生み出し続け、近年でも
『スペース☆ダンディ』『ノラガミ』『キャプテン・アース』『棺姫のチャイカ』『血界戦線』
『SHOW BY ROCK!!』と勢いを増し続けるアニメーション制作会社です。

その株式会社ボンズを立ち上げから代表取締役プロデューサーとして引っ張り続けてきた
南雅彦さんに、プロデューサーの仕事内容も聞きながら事前に学生達から集めた質問に、
ひとつひとつ丁寧に答えていただきました。

20150623 0220150623 03

 

制作費や制作期間など普段聞くことができないようなプロデューサーの仕事についてや、
ボンズの作品についてのお話し、アニメーターや制作・撮影などアニメ業界で仕事をするうえで

求められることなど、多岐にわたる質問にひとつひとつ答えていただきながら感じたのは、

南さん自身がアニメーションの制作現場で様々なスタッフと関わりあいながら作品を

作っていくことに喜びを感じているんだなということです。

 

この大変だけれど作り上げていく喜びを感じている部分がボンズ作品のクオリティの高さに
つながっているのだと思います。

そして学生時代について聞かせてくださいという質問には島本和彦さんのマンガ
『アオイホノオ』を読んでください、と笑いを誘う場面もあり、和やかに特別授業は終了しました。

 

南さん、お忙しい中ありがとうございました!

 

5/3(日) 声優:朴璐美さんゲストトークショー

2015年06月02日

 

201505053d

ゴールデンウィークの5/3。
スプリングスクールの中で朴璐美さんの特別授業が行われました。

201505053b

当日は朴さんによる直接指導が中心でしたので、今回は詳しくは触れませんが….

 

その伝えようとされたことは、参加者全員の胸に刻まれたことと思います。
声優とは何か。
表現とは何か。
声優になろうとすることはどういうことか。
『貴方は、何故、声優になりたいのですか?』

20150503a

 

朴さんのシンプルな、強い問いかけは、参加者全員の中で一生、素晴らしい響きとなって残ることでしょう。

朴さんと考えたこと。
朴さんと思ったこと。
いっぱい泣いたこと。

忘れないで下さい。この日の想い出は、きっと皆さんの一生のたからものになることでしょう。

201505053c

朴さん、本当に有り難うございました!!

学校長 阿部 彰

 

 

 

3/15(日) 声優:小野賢章さんゲストトークショー

2015年04月07日

201503150

3月15日(日)春のオープンキャンパスにて、『黒子のバスケ』黒子テツヤ 役 、『遊☆戯☆王ARC-V』榊遊矢 役、『アルドノア・ゼロ』スレイン・トロイヤード 役などでおなじみ、声優の小野賢章さんをお招きしてトークショーが開催されました。

 

201503152

 

全てのトークは来校者の胸に残ったことと思いますが、その一部を掲載します。
小野さん、今回は本当に有り難うございました。

Q.新人の内にやっておいた方が良い事とは、どんな事でしょう?

201503153

 

 

小野さん:ボクから言える事は、アニメ作品や映画や舞台など、とにかく色んな作品を見て、感性を豊かにしておく事が一番かなぁ、って思います。技術的な事とか、例えば声優なら息芝居(アニメのアフレコにはこのような独特の技法があります)の仕方だったりとか、そういうテクニックは、この学校に入学すれば習えるじゃないですか。練習も出来るし。
それ以外に何が出来るかって話になると、色んな作品を見て、憧れの声優さんがいるのなら、『あ、この作品の時はこういうお芝居をしているんだ』っていう細かいところまで見ていくと、色んな事がつながっていくと思います。僕も、初めてアニメ作品の仕事を始めた頃は、とにかく吸収しようと思って、仕事の時間以外は家に引きこもって作品を見ていましたから。

 

まだまだ興味深く、面白いトークはたくさんあったのですが、それは来校した方々だけの秘密!

最後に、参加者全員と記念撮影をし、この日のゲストトークショーは終了しました。
小野賢章さん、お忙しい中、ありがとうございました。

 

201503154

なお、当日の午前中は恒例の在校生向け特別授業!
いつか現場で出会う後輩達に大先輩の小野さんから熱いメッセージを頂き、声優や演技について多くを学ぶことができました。

今後も定期的にゲストDAYを開催しますので、
是非来校して体感してください。

 

 

 

 

 

 

 

2/22(日) 声優:柿原徹也さんゲストトークショー

2015年03月19日

201502220

2月22日(日)冬のオープンキャンパスにて、『弱虫ペダル GRANDE ROAD』東堂尽八 役 『フェアリーテイル』ナツ・ドラグニル 役『天元突破グレンラガン』シモン 役などでおなじみ、声優の柿原徹也さんをお招きしてトークショーが開催されました。

 

201502221

 

 

アニメ作品の収録は、最初にテストと呼ばれるいわばリハーサルがあって、次に本番の収録を行います。今回は、その『テスト』についてのお話の一部を掲載します。

201502222

柿原さん:「テストの時に新人の声優さんが本気で叫んでなかったら、後ろから、『ね~ね~ね~、それ本気なの~?』って、絶対に突っ込みますね(笑)。
それは、テストというのは自分たちの調整のためにやっているのではなくて、音響のスタッフの人たちが、個々の声優の声のバランスを調整するためにやっているんですよ。
そこで、声優の判断で手を抜いて本気の力を出していなかったら、音響さんに迷惑かかるでしょ、って言ってるんです。」

 

※特に新人の場合、その声優の声の上限が判断つかないため、テストでセーブされると、音響担当(ミキサー)は、声のバランスを取ることが出来なくなり、テストの意味すらなくなってしまうのです。

 

 


柿原さん:「新人の声優が全力でやるという精神、心意気というものを、実はスタッフさんも他の役者さんも、よく見ているんです。上手いとか下手とか、芝居が良い悪いではなくって、単純に『気持ちの良い子だ』って見てもらえることが大切だと思います。

また、そんな新人には回りのスタッフや役者さんも色々教えてくれると思いますよ。この業界、こういう点はアナログですし、我々『人間ってアナログ』ですからね。」

 

 

まだまだ興味深く、面白いトークはたくさんあったのですが、それは来校した方々だけの秘密!

最後に、参加者全員と記念撮影をし、この日のゲストトークショーは終了しました。集合写真はポストカードにして参加者全員にプレゼントします。楽しみにしていてくださいね!柿原徹也さん、お忙しい中、ありがとうございました。

201502223

 

 

なお、当日の午前中は恒例の在校生向け特別授業!
いつか現場で出会う後輩達に大先輩の柿原さんから熱いメッセージを頂き、声優や演技について多くを学ぶことができました。

今後も定期的にゲストDAYを開催しますので、
是非来校して体感してください。

 

 

 

 

 

 

 

カズキヨネさん来校!

2015年02月27日

カズキヨネさんに聞く、キャラクターデザイナーになるには?

 

ゲームソフト「神々の悪戯」やTVアニメ「ノブナガ・ザ・フール」など様々な作品のキャラクターデザインを手掛けるイラストレーターのカズキヨネさんが、なんとアニカレにサプライズ来校!

 

 

kazuki02kazuki01

 

憧れのイラストレーターさんに会えて学生は大興奮!

恩師である本校教務部長の田中先生との対談模様をお伝えします。

 

 

●イラストなどの絵の世界を目指そうと思ったのは何歳くらいの頃ですか?
また何かきっかけはあったのでしょうか?

 

小学生の頃、少女マンガが大好きで漫画家になりたいと思っていました。中学に入ってから同人活動を始めて、二次創作が多かったですが漫画やイラストなどを描いていました。可愛い洋服を描きたくて、当時は女の子を良く描くことが多かったです。

漫画家になるのは難しいかなと思いましたが、やっぱり絵を描く仕事がしたくて、専門学校のデジタルアニメーション学科に入学しました。

アニメーションで動画を勉強すれば、静止画でも動きのある生き生きした絵が描けるようになると思ったんです。

 

kazuki03

 

 

 ●影響を受けたイラストレーターや作家さんはいますか?

 

一番最初に影響をうけたのは、漫画家の野村あきこ先生ですね。

「なかよし」で連載されていた漫画家さんなんですけど、一番最初に影響を受けたのを覚えています。

今の画風にも、当時影響を受けた面影がまだ残っている気がします。あとは…画家のフェルメールにも影響を受けました。

特に服のシワの描き方に、感銘を受けたんです。そこから自分の絵でも、服のシワを今まで以上にこだわるようになりましたね。

「萌える服のシワを描きたい!」と思うようになりました。

●キャラクターデザインをする際やイラストを描く際は、どのようなことを意識していますか?

 

キャラクターデザインというのは、タイトルごとに世界観など変わってくるので、その世界観に合わせてどのようなデザインが提案できるのか?というところから考えていきます。

タイトルによってぬり方や描き方、ソフトでのペンの設定、使用する色など自分なりに考えながら描いています。

イラストはものによるんですけど…何に向けて描くかで全然目指していく方向が違うんです。

小説の挿絵などは、その小説の世界をどう表現できるのか、読者にどう伝えられるのかというところに全力を注いでいますし、画集の描き下ろしのカバーイラストなどは、どのように描いたら書店で目立つかを考えながら描いています。

カバーイラストというのは、キャラクターの目線を読者に向けて描くのがお約束みたいなところがあるのですが、「神々の悪戯」の場合は絵画っぽくしたかったというのもあって、あえてキャラクターの目線をそらせてみました。
読者の方を向かせることもできたのですが、なんとなく目が合っていないほうが神様っぽいかなという感じもしたので。目線1つで絵の雰囲気もだいぶ変わるので、重要な部分だったりします。

例えば、暗い雰囲気の絵を描く時などは、わざと視線をそらしたりしますね。キャラクターの心情もミステリアスな部分を残したいので。

●描きはじめはどこから描きますか?

 

鼻か輪郭ですね。厳密に言うと、丸をかいて全体のアタリをとっていく球体人形みたいなところから描きはじめて、その構図でOKがもらえたときに、最初に描いたアタリを目安に輪郭や鼻を最初に描いていきます。

 

●絵のデザインやアイディアはどこから来ているのですか?

 

建築系の本などを見て参考にしています。もともと好きというところもあるのですが、読んでいると、それぞれの国を体現しているデザインが多いんですよね。

日本建築の場合は「欄間」の模様とか柱の隅にある装飾などが、日本らしくてとても綺麗なものが多いんです。その装飾を「洋服につけてみたら綺麗かな?」など考えながら、アイディアを練っています。
あとは、舞台衣装も好きなんですよね。舞台衣装のデザインの本なども参考に読んでいると、新しい着まわしの発見があります。人に服を着せるということって、生地を巻くということが一番原始的な方法だと思うのですが、舞台衣装を見ていると「ここからこんな風にして巻けるんだ!付けれるんだ!」という発見があって、デザインの参考になります。

 

 

●上達のために必要なこと、やっておくといいことなどありますか?

 

やはり仕事をすることだと思います。早く社会に出て仕事として責任感を持って絵を描いていくと上達がとても早いです。

学校で課題をこなしていくレベルアップと仕事をしていくレベルアップとでは同じ絵を描いていても上達の幅に凄く差があると思うんです。

でもそれって、なかなか難しい話ですよね。なので同人活動などをしてみるのも良いかと思います。

私自身、学生時代に同人誌を制作していた時、自分の絵をお金を出して買ってもらうレベルに上げていくということがどれだけ難しいかというのを痛感しました。

そのような経験が今の仕事にも生きていると思います。

●この仕事をしていて良かったこと、つらかったことは?

 

ずっと憧れていた絵の仕事なので、絵を描いて生きていけるということが、物凄く幸せだと思います。

ただ、幸せな反面根をつめると、どうしても運動不足になりがちなので、肩コリや腰痛など健康面で悩みがあったりします。

ピンとこないかもしれませんが、仕事をする上では本当に体が資本なので、これから業界を目指すみなさんも今のうちから画力だけではなく、体力づくりもしっかりして丈夫な体を作って業界に挑んでいってほしいなと思います。

 

 

kazuki04

 

カズキヨネさん、お忙しい中ご来校ありがとうございました!

また遊びに来てくださいね!

 

kazuki05

  

プロフィール ―――――――――――――――――――――――――――

カズキヨネ
イラストレーター・原画家
ゲームソフト「神々の悪戯」やTVアニメ「ノブナガ・ザ・フール」などのキャラクターデザインを手掛ける。

小説「華鬼」のカバーイラストの挿絵を担当するなど幅広く活躍中。

 

田中 道信
カズキヨネさんの恩師であり、本校の教務部長。
日本漫画家協会会員
現代童画会委員
「漫画バイブル2」(マール社刊)監修など

 

■カズキヨネさんの特別授業時の様子はコチラをクリック!

1/25(日) 声優:福山潤さんゲストトークショー

2015年02月06日

201501251

1月25日(日)冬のオープンキャンパスにて、「暗殺教室」殺せんせー役、「七つの大罪」キング役、劇場版 「K MISSING KINGS」八田美咲役、「中二病でも恋がしたい! 戀」富樫勇太、そして「コードギアス 反逆のルルーシュ」ルルーシュ・ランペルージ役でおなじみ、声優の福山潤さんをお招きしてトークショーが開催されました。

201501252

 

 

全てのトークは来校者の胸に残ったことと思いますが、その一部を掲載します。
福山さん、今回は本当に有り難うございました。

 

Q.福山さんの演技が大好きです。福山さんが一番好きなキャラクターは何でしょうか?

 

201501253

 

.毎年、毎クール違うキャラをやり続けているわけですが、どのキャラクターにも思い入れがありますし、『好き』だけではくくれない感情もあります。
どちらかというと、時間がたって振り替えれるようになった時、そういう感情って出て来るものかもしれませんね。

 

 

 

201501254

『無敵王トライゼノン』って、初めてやったロボットアニメのメインキャラを演じたときは、まだ若かったものですから、今振り返ってみれば技術的に何も出来なかったんですね。出来る事が少ないなら、声だけでも出していようと思って、ずっと叫んでいたんです。
でも、その時の思い出とか、その時の現場の先輩の言葉とか仕事に向かう姿勢とかが凄く勉強になったのを覚えています。その後も色々な役をやらせて貰って、その一つ一つの積み重ねで成長していくものなんですね。

そういう中で、演じているキャラクターと、その当時の自分の考えや想いと合致する瞬間があるんですよ。そんなポイントで出会った役というのは、やはり思い入れが強いですね。

 

 

最後に、参加者全員と記念撮影をし、この日のゲストトークショーは終了しました。集合写真はポストカードにして参加者全員にプレゼントします。楽しみにしていてくださいね!福山潤さん、お忙しい中、ありがとうございました。

201501255

 

 

なお、当日の午前中は恒例の在校生向け特別授業!
いつか現場で出会う後輩達に大先輩の福山さんから熱いメッセージを頂き、声優や演技について多くを学ぶことができました。

 

 

今後も定期的にゲストDAYを開催しますので、
是非来校して体感してください。

 

 

 

 

 

 

卒業生特別授業 イラストレーター ユーコ・ラビットさん

2014年12月25日

20141222rabit
イラストレーターとしてヨーロッパ・日本にまたがり活躍する卒業生 ユーコ・ラビットさんにお越しいただき在校生向け特別授業を実施しました。

20141222rabit 01

前半はユーコ・ラビットさんの在学中から現在に至るまでを紹介しつつ、イラストレーターとして仕事をもらうためのノウハウを伝授していただきました。
これがまた、自分自身が実際に実践して仕事をいただいて来た実績があるだけに、すごい説得力を持って伝わってきました。

そして後半では、実際のイラストの制作過程をわざわざこの日の為に用意して来てくれたジャンヌダルクのイラストを使って解説してくださいました。
実際の制作しているところをビデオ撮影し早回しで見ながらどのように作品が出来上がっていくのか、ところどころ映像を止めてテクニカルな説明をしながら解説。
重厚な厚塗りイラストがどのように描かれていくのか、余すところなく見せていただきました。

『資料を見ながら説得力のある絵を描くこと』というユーコ・ラビットさんの言葉通り説得力のあるイラストが仕上がりました。

20141222rabit 00

そして最後は作品を持ってきている学生にアドバイスをいただいたり充実した授業となりました。

20141222rabit 02

ユーコ・ラビットさん、お忙しい中お越しいただきありがとうございました。

11/9(日)「橙美祭2014」  声優:花江夏樹さんゲストトークショー

2014年12月13日

hanaesan1

11月9日(日)アニカレの学園祭「橙美祭2014」にて、「ダイヤのA」小湊春市役、「東京喰種トーキョーグール」金木研役で大人気の声優、花江夏樹さんをお招きしてスペシャルトークショーが開催されました。

 MG 1377

当日のトークショーは悪天候にも関わらず、満員御礼で大盛り上がり!残念ながら当日参加できなかった人のためにトークの内容を一部公開しちゃいます!

 

Q.学生時代について

 MG 1439

 

A.学校で仲間と練習する場合、『掛け合い』が出来る事、『距離感』を感じることが出来るのがとても大切だと思います。先生や友人からのレスポンスを受けて修正していくというのは、感覚的にとても『現場』に近いと思うので最も大切な点だと思います。
また、専門学校に入ったら、友達が沢山できると思うのですが、是非、『良い関係』を築いて欲しいなと思いますね。『なれ合い」ではなく、お互いに意見をし合えるような、何のために専門学校に通っているのか、という明確な意識を持って過ごすと充実するんじゃないかと思います。本気で駄目出ししてくれる、意見を言ってくれる友達って得難いものだと思います。
また、保護者の方に学費という形で環境を整えて貰って入学するわけですから、何としてでも声優になるんだというやる気をもってやって欲しいなと思います。
当然ですが、事務所に入るともっと厳しい業界が待っているわけです。在学中にそういった気持ちを養うことはとても大事だと思いますね。

そしてなんと……!!今回は特別に、参加してくれた高校生に抽選で1名の方にサイン色紙をプレゼントして頂きました!

20141109hanaesan

 

 

当選した参加者の嬉しそうな笑顔が忘れられません…!!

最後に、毎回恒例の参加者全員と記念撮影をし、この日のゲストトークショーは終了しました。集合写真はポストカードにして参加者全員にプレゼントします。楽しみにしていてくださいね!花江夏樹さん、お忙しい中、ありがとうございました。

 MG 1459

今後も定期的にオープンキャンパスにてゲストDAYを開催しますので、今回参加出来なかった方も是非またの機会に参加してみてくださいね!

 

 

 

 

 

水島精二監督在校生向け特別授業

2014年12月08日

 

『鋼の錬金術師』『機動戦士ガンダム00』など数々の作品をヒットさせてきた水島精二監督にお越しいただき、在校生に向け特別授業を実施しました。

 

20141127mizushima01

 

11月に公開され話題になった映画『楽園追放 Expelled from Paradise』も水島監督の作品で、脚本が『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCHO-PASS』などの虚淵玄さんということで、水島監督×虚淵玄さん×東映アニメーションが組んだということで注目されました。

そんな中、『楽園追放』の見どころをはじめ、今までの作品についてや現在に至るまでどのように仕事をしてきたか、アニメ業界で仕事をするにあたってどの様なことをいま学んでおくべきかなど、様々な質問に一つ一つ丁寧に答えてくださいました。

お話の中で『洞察力』の大切さのお話が印象に残っています。
色々なものを『観て』『考え』『定着』させるというクリエイターとしての基本を改めてお話しいただき、気が引き締まる思いでした。

 

20141127mizushima02

 

講義中はおとなしく聞いていた学生達も、終了後には水島監督の元に集まり、アドバイスをいただいたりしていました。

水島監督、お忙しい中お越しいただきありがとうございました。

 

 

rakuentsuiho

© 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
© TOEI ANIMATION, Nitroplus / EFP Society

イラストレーター深崎暮人さん特別授業

2014年10月29日

20141023misaki00

イラストレーター・原画家として活躍中の深崎暮人さんにお越しいただき
在校生向けの特別授業を実施しました。

深崎さんには実際に実演ということで、どの様にイラストを描いていくのか
ラフから下描き、下塗り、描き込み、仕上げと全体の制作の流れを
学生たちの目の前で手順を追って見せてくださいました。

プロが実際にどのように着色していくのか、目の前で見て
学生達も圧倒されているようでした。

20141023misaki02

来年1月からは深崎さんがキャラクター原案のアニメーション作品『冴えない彼女の育てかた』が放映されるということでどの様な関わり方をしているのかなどもお話しくださいました。

また、ご自身も専門学校出身ということで、学生たちに近い目線で様々なお話をしてくださり、
事前に集めてあった学生からの質問に一問一問丁寧に答えてくださいました。
なかなか普段聞けないような突っ込んだ部分もこれからプロを目指すうえで必要だからと
色々語ってくださいました。

20141023misaki03

授業が終わった後も、学生たちは深崎さんを囲み、持ってきた自分の作品にアドバイスをもらったり、色々な話を聞いて盛り上がっていました。
深崎さん、お忙しい中お越しいただきありがとうございました。

深崎さんがキャラクター原案のアニメーション
『冴えない彼女の育てかた』は
2015年1月 フジテレビ『ノイタミナ』他にて放送開始予定!!

 

スタジオジブリ 稲村武志さん在校生向け特別授業

2014年09月27日

『ハウルの動く城』『ゲド戦記』『コクリコ坂から』などの作画監督を担当したスタジオジブリの稲村武志さんの在校生向け特別授業を行いました。

稲村さんは静かな語り口ながら、アニメーション業界を目指す学生達に熱い想いをお話しくださいました。

実際にipadに参考の絵を描きながらの説明はとても分かりやすいものでした。

 

20140927inamura01

20140927inamura02

 

そして事前に集めておいた学生達の質問も分類分けして答えられる様に整理してくださり、一つ一つ丁寧に答えてくださいました。

日常の努力の大切さと同時に、上達の為にどのように取り組んでいけばよいのか等についても語ってくださり、我々もなるほど、と思うような内容でした。

また、絵を描くことだけの話にとどまらず、『仕事』に対する意識などかなり踏み込んだお話をしてくださいました。

 

稲村武志さん、お忙しい中お越しいただき、とても丁寧なお話ありがとうございました。

スタジオ地図 齋藤優一郎さん在校生向け特別授業

2014年09月23日

先日9月19日(金)にアニメーション映画『おおかみこどもの雨と雪』を企画・制作したアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」プロデューサー/代表取締役の齋藤優一郎さんにお越しいただきお話を伺いました。

20140919saitohsama01

『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』と細田守監督とともに作品を作るなかで、常に新しい可能性にむけて、チャレンジしてきたことや、スタジオ地図という『映画を作る場所』への想いも語ってくださり、学生達にとってもこれからの指針となるようなお話をたくさんしてくださいました。

20140919saitohsama02

これからアニメーションの世界を目指す学生たちに向けて、どのような気持ちで臨んでいくべきかなどを、お話ししていただく中で、『主体性と覚悟』を持って取り組んでいってほしいとの言葉が印象的でした。

齋藤優一郎さん、世界中を飛び回りお忙しい中お越しいただきありがとうございました。

 

8/10(日) 声優:小野賢章さんゲストトークショー

2014年08月31日

 

8月10日(日)夏のオープンキャンパスにて、「黒子のバスケ」 黒子テツヤ 役、「遊☆戯☆王ARC-V」榊遊矢役、「アルドノア・ゼロ」スレイン・トロイヤード役、でおなじみ、声優の小野賢章さんをお招きしてトークショーが開催されました。

全てのトークは来校者の胸に残ったことと思いますが、その一部を掲載します。
小野さん、今回は本当に有り難うございました。

810ono1

 

Q.キャラクターに感情を入れるのに苦労されていること、気をつけていることはありますか?

810ono2

 

 

 

A.前もってここのセリフはこう言おうとか、こう演じようとかあらかじめ自分でイメージを作って役作りをしていきますが、いざ本番を迎えて他の役者さんたちと一緒に演技をすることで、自分の演技も臨機応変に合わせられるようにすることを大切にしています。

僕は、もともと外画から声優の世界に入ったので、アニメの現場に最初はとても苦労しました。外画は外国の俳優さんが演じたものに声をあてるので、俳優さんが演技を導いてくれる感覚があるんです。アニメは何も無いところから演技をしていかなくてはいけないので、例えば怒る演技でもどれくらい怒ればいいのかなど感覚がつかめないこともありましたね。でもこれではダメだと思って、一時期アニメをものすごく沢山観て研究して勉強しました。

 

 

 

 

Q.小野さんにとって役者とは何ですか?

 

A.やっぱり、努力だと思います。努力し続けることが役者だと思います。みなさんに夢を与える職業だからこそ自分が練習して勉強して作品と誠心誠意向き合ってみなさんに伝えていければと思います。

 

最後に、参加者全員と記念撮影をし、この日のゲストトークショーは終了しました。楽しみにしていてくださいね!小野賢章さん、お忙しい中、ありがとうございました。

810ono3

 

なお、当日の午前中は恒例の在校生向け特別授業!
いつか現場で出会う後輩達に大先輩の小野さんから熱いメッセージを頂き、声優や演技について多くを学ぶことができました。

 

810ono4

 

今後も定期的にゲストDAYを開催しますので、
是非来校して体感してください。

 

 

 

 

 

7/26(土)  声優:柿原徹也さんゲストトークショー

2014年08月27日

kakihara1

7月26日(土)夏のオープンキャンパスにて、「フェアリーテイル」ナツ・ドラグニル役、「ガンダムUC」アンジェロ・ザウパー役、「弱虫ペダル」東堂尽八役で大人気の声優、柿原徹也さんをお招きしてスペシャルトークショーが開催されました。

 

 

当日は全ての質問に親身になって真剣に話してくださった柿原さんのお話に感動して、涙を流しながら聞いている参加者もたくさんいました。全てのトークは来校者の胸に残ったことと思いますが、その一部を掲載します。柿原徹也さん、この度は本当に有り難うございました。

 

kakihara2

 

 

Q学生時代、声優になるために一番努力したことは何でしょうか?

kakihara3

 

同じ方向を目指す夢を持った人が集まっていたので意識の高い人と関わるように気をつけていました。中学や高校と違って、明確な方向を目指しているわけだし、その上で保護者の方にも学費を出してもらって通っているわけだから、一日も無駄にしてはいけないと思うんですよね。ちなみに、柿原さんは学校時代、全て自分で学費を払っていたそうです。自分の親に感謝をして通っている人と、そうでない人とは大きな差が出ると思うし、僕の回りで活躍している人は、感謝していたタイプの人たちだと思います。

自分の置かれている立場、そして存在意義をしっかり理解しているから、そういう人たちとの関わりはとても大切な時間でした。

努力したこと?う~ん、よくジュニアの人とか新人の声優さんが『頑張ります!』とか、『頑張りました!』とか言うんだけど、それより大切な事は芝居を『楽しむ』こと。第一線で活躍している人たちは頑張っているのではなく、楽しんでいるのだと思います。『楽しんでる』姿を見せて、お客さんが『喜んで』くれれば、それで最高じゃない?言い換えれば、『頑張る』んじゃなくて、この業界を『一生懸命に生きる』ことが大事じゃないかな。

 

 

 

そして……!!今回は特別に、本校アニメーション学科の卒業制作アニメ「君の詞」の生アフレコに主役の木暮夏樹役で柿原さんも参加してくださいました!

参加してくださった方はもちろん、共演させて頂いた在校生もとても貴重な経験になりました!柿原さん演じる木暮君の「頑張れ!」というセリフにみなさんも元気付けられたのではないでしょうか。

kakihara4

 

 

kakihara5

 

最後に、毎回恒例の参加者全員と記念撮影をし、この日のゲストトークショーは終了しました。集合写真はポストカードにして参加者全員にプレゼントします。楽しみにしていてくださいね!柿原徹也さん、お忙しい中、ありがとうございました。

 

kakihara6

 

 

なお、当日の午前中は在校生向け特別授業!

柿原さんの真剣なお話に涙を流しながらも「もっと頑張ろう!」と決意を新たにした学生も多くいました。

 

kakihara7

 

 

今後も定期的にゲストDAYを開催しますので、

今回参加出来なかった方も是非またの機会に参加してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7/20(日)  声優学科卒業生:高橋信さんゲストトークショー

2014年08月27日

takahashi0

7月20日(日)夏のアニカレ祭にて、声優学科卒業生で7月より放送中のアニメ「まじもじるるも」に柴木耕太役で出演中の声優、高橋信さんをお招きしてトークショーが開催されました。

takahashi1

 

 

アフレコ現場でのエピソードや在校中の話などもあり、トークショーは大盛り上がり!
トークショー後には、在校中と同じ役で君の詞の生アフレコにも参加してくださいました。
それでは、トークショーの一部をちょっとだけお見せしちゃいます!

Q.学生生活を振り返って、その頃に大切にしておいて欲しいことは何でしょう?

takahashi2

 

 

 

A.最初、授業で演技について色々先生から注意されると思うんですが、最初はなかなか分からないんですね。
例えば、綺麗に文字は読めるけど、その言葉ひと言ひと言に、感情がこもっていないとか。『ありがとう』のひと言も、本当に『ありがとう』と思っているかとか….
例えば、感情が入っていなくて、音の高さだけで表現していないかどうかとか…

先生から『もっと気持ち込めて』って言われても、やったことがないと、
学生の立場としては『気持ち込めるってどうするんだろう…』とか。

そういう時って、表面上な事ではなく、『心を動かす』っていうことが大切だと
思うんです。いわゆる喜怒哀楽をしっかり掴む。

例えば、『お前バカだな….』という台詞があって、『そんなことねぇよ』と返す時にも、
威圧的な『そんなことねぇよ』なのか、あっさりと『そんなことねぇよ』なのか、
その時の感情によっても、キャラクターによっても違うと思うんです。

答えっていうのは決まっていないので、自分だったらどう思うのか、どんな声を出すのか、
心はどんな風に揺れるのか。それをしっかり考えて表現することが大切だと思います。

 

 

最後に、参加者全員と記念撮影をし、この日のゲストトークショーは終了しました。集合写真はポストカードにして参加者全員にプレゼントします。楽しみにしていてくださいね!

 

takahashi3

 

 

高橋さん、この度はお忙しい中お越しくださりありがとうございました!
これからの活躍を応援しています!!

今後も定期的にゲストDAYを開催しますので、
是非来校して体感してください。